現金化は昔から行われてきた

ショッピング枠現金化は、今でこそ有名ですが、昔から行われてきた裏技的方法です。新幹線の自由席や、貴金属、ゴルフボールなど換金性の高いものをクレジットカードで購入し、金券ショップや質屋などに持っていくと、現金に換えることができます。クレジットカードですので、支払いは後払いになるので、給料の前借のように利用できます。数万円程度であれば、次の給料日に払えるので1回払い、大きな金額であれば、分割払いやボーナス払いで余裕をもって支払えます。現金化を専門的に扱う業者が出てきて、個人で行うよりも売買の手間が少なく、早くお金が手に入り、一定の換金率が見込めるということで、現金化業者を利用する方が多いです。目的が現金なので、クレジットカードで購入する商品は何でも良いという考え方もあります。ブランド品を購入しても、自分では使わず新品状態でそのまま転売します。結局、いくらに転売できるのかということが大切ですので、商品自体は何でもいいという面があります。そのため、消しゴムやボールペンなど価値の低い商品を10万円で販売して、9万5千円で買い取るという現金化業者も存在します。ただし、実態価値の離れた商品で取引することに不安を感じる方も多いと思います。現金化業者によって、実態価値の高い商品を扱うか、価値の低い商品を扱うか、という違いがあるので、必ず確認してください。また、商品を買い取るのではなく、返品やキャッシュバックという形で現金化するケースもあります。それぞれメリット・デメリットが存在するため、クレジットカードの現金化を行う時は、業者の取引方法について検討しましょう。一般的に、もっとも安全性が高い取引方法は、換金性の高い商品の買い取り方式と言われています。100円の消しゴムを10万円で売るなど、価値の乖離した商品を取引すると、業者側が貸金業者とみなされて、貸金業法違反に問われる可能性があるからです。取り締まりの対象は業者ですので、消費者にはあまり関係ないと思われるかもしれませんが、万が一取引中に業者が取り締まりを受けると、現金を振り込まれないなどのトラブルが発生する可能性があります。といっても、すべての業者が取り締まりの対象となっているわけではなく、消費者とのトラブルの多い業者が対象となります。たとえば、10万円を8万円に換金できると聞いていたのに、実際に振り込まれた金額は7万円だったなど、勝手に換金率を低くされるような場合は、消費者から詐欺として申告されたり、消費生活センターに相談が集まって警察が動いたりという流れになります。取引方法に関わらず、利用者が多く実績の高い業者を選ぶことは大切です。