悪質な買取屋に注意

カード現金化の比較はまったく意味がないワケ。

ショッピング枠現金化でサービス業者を利用する時、もっとも気になるのはサービスのクオリティです。
ホームページに書かれている内容はどの業者も似ていて判別できない…

オペレーターから詳しい説明を聞いたけど、説明通り取引できるか実際に利用するまで分からない…

そのような不安を抱えている方も多いと思います。


商品の発送代金や決済手数料が業者負担となるか消費者負担となるか、業者によって異なるので、ただ還元率を比較するだけでは分かりませんよね。
そこで、信用できる業者かどうか判断するためには、試しに少額利用してみるという手もあります。

一般的に、申し込み金額が大きいほど還元率は高くなります。
そのため、業者も高い取引金額を勧めてくるかもしれません。
しかし、最初に何十万、何百万という大きな金額を申し込んでも、万が一詐欺に遭ったら大きな被害を受けてしまいます。
そのため、多少還元率は高くなっても、初めは1万円など少額で申し込み、成約通りに取引できるかサービスの質をチェックしてみてはいかがでしょうか。
といっても、どの業者でも少額取引できるわけではありません。少額取引ですと業者にほとんど利益がありません。

たとえば、一般的な還元率は80%前後ですが、1万円を80%還元すると8千円が消費者に渡され、業者に2千円残ります。
そしてここから決済手数料が5%前後引かれるので、500円引かれて1500円。
キャッシュバック方式なら、ここから人件費などを引いた金額が業者の取り分となります。

一方、買取方式では決済手数料がかからない場合もありますが、商品を買い取り他の業者に転売すれば、市場で1万円で売られている商品を、1万円で売ることはできないので、9千円で売るとします。
すると、1000円の中から人件費などを払うため、業者の取り分はほとんどありません。
業者によって現金化の方法はそれぞれ異なり、発生する諸経費なども異なりますが、ある程度大きな金額でないと利益は発生しにくいです。
そのため、10円以上でないと取引できないなど、申込額の最低額が異なります。業者を利用する時は、申込みの最低金額についてもチェックしましょう。
信用できる業者と分かり、次回以降大きな金額を申し込む場合も、業者によって一度に現金化できる金額の上限が異なります。
通常は、クレジットカードのショッピング枠利用可能額の範囲内であれば、上限まで申し込むことが可能ですが、一度に大金を取引するとクレジットカード会社に睨まれるため、分割して取引することもあります。