ポイントが溜まるってどういうことなの?

日頃からクレジットカードを利用される方のなかには、ポイントを貯められている方が多いのではないでしょうか。
ほとんどのクレジットカードには、ポイントシステムが導入されています。
このポイントシステムというものは、クレジットカード決済をすることで、その利用額に応じたポイントを得ることができるというシステムです。

ポイント付与率の相場は1%程度ですが、ポイントアップされる時期や商品などを設けていることが多いため、それらを狙うことで従来より多くのポイントを得ることが可能になります。
現金調達の手段として、クレジットカード現金化を利用される場合には、こうしたポイントの加算が期待できます。

クレジットカード現金化では、商品を購入して売却することで現金を得ることになりますので、商品の購入時にポイントが付与されるのです。
たとえば、1%のポイント付与率で10万円分の決済をした場合には、1,000ポイント得ることができますが、これがキャンペーンなどによって10倍になっている場合には、10,000ポイントにもなります。

このような時期を狙うことで、ポイントは馬鹿にできないほど貯めていくことができるのです。
以上のことから、クレジットカード現金化は、ポイントを貯めながら現金調達をすることが可能であるメリットの大きな手段であるといえるでしょう。