現金化はショッピング

クレジットカードのショッピング枠現金化を、キャッシングと同じと勘違いしている方もおりますが、現金化は基本的にショッピングであり、キャッシングではありません。確かに、現金化業者の中には貸金業者として扱われるケースもありますが、クレジットカードで物品を購入し、その物品を現金化業者に売るということですから、大前提としてクレジットカードのショッピングがあるのです。それをキャッシングと勘違いしてしまうと、「クレジットカードの支払いのために現金化しよう」などという、よく分からない行動を取ってしまう可能性があります。現金化業者のホームページには、「ショッピングのお金が足りない時は現金化!」などと書かれていることがありますが、少々誤解を生む表現です。一般的な商品であれば、クレジットカードでそのまま購入することができるので、わざわざ現金化する必要がないからです。むしろ、現金化すれば余計な手数料が発生してしまい、要らない損をすることになります。ですので、ショッピングのための現金化というのは、あくまで現金払いが必要なシーンでのことであり、クレジットカードで支払いできない場合に限られます。たとえば、医療機関や金融機関での支払いでは、クレジットカードによる立替払いを利用できないことが多いです。その他にも、従業員に対する給料の支払いなど、事業資金として現金が必要になるシーンは多いです。現金不足の場合、銀行や消費者金融、クレジットカードのキャッシングを利用することが普通ですが、いずれも貸し倒れを防ぐための審査があります。消費者の属性に不安があると、なかなか審査を通過することができず、審査に通過した場合も融資額が低く、「期日までにお金が用意できない!」と焦る方は多いです。たとえ属性に不安な点がなくても、うっかり多重申し込みをしてしまい、金融機関から過剰に警戒される方もいるでしょう。一方、クレジットカードの現金化は、簡単な本人確認以外、収入や職業などの審査は一切行われず、取引完了後、消費者の指定する銀行口座にすぐに現金が振り込まれます。即日振込可能なケースでは、ほとんどの場合申し込みから1時間以内に振り込まれるので、急いでいる方でも安心です。また、消費者金融からキャッシングしたという情報が信用情報に登録されることが嫌という方もいると思いますが、現金化はキャッシングではないため、信用情報に登録されることもありません。このように、クレジットカードの現金化には、キャッシングにはないメリットがいくつもあるのです。