分割払いを選択したときはコレに注意

クレジットカード現金化に限ったことではありませんが、一括払いではなくて分割払いを選択すると、適用される金利は一括払いの時よりも少し高めになります。つまり、10万円を現金化して場合、一括払いだとクレジットカード会社への返済額は10万円で済みますが、分割払いにすると適用される金利が高くなるため、実質的には10万円ではなくて11万円返済することになったりします。クレジットカード現金化においては、現金化をしている業者へ支払う手数料もありますから、分割払いを利用すると最終的に支払う実質的な手数料は、けっこうまとまった金額になってしまうことが多いでしょう。この点は気を付けましょう。 ただし、一括返済ではキツイという場合には、手数料が少し高めでも分割にしたほうが良いケースはもちろんあります。また、クレジットカード会社へ支払う金利が高いとあらかじめ分かっている分割払いなので、その分できるだけ現金化の業者へ払う手数料を安く抑えるための業者選びも慎重に行いたいです。一般的には、店舗を構えている現金化の業者よりも、ネットのみで対応している業者の方が還元率は高いことが多いようです。還元率が業界最大と言われるところでは98%と高い上に、専門のスタッフが初めての人にも分かりやすく仕組みや手続きを説明してくれるのが特徴などもあります。業者はうまく選べば安心して活用できそうですね。