事故情報があっても大丈夫

消費者金融の借金を長期滞納したり、債務整理をしたりすると、それから全然お金を借りられなくなることがあります。それは、消費者金融など金融機関が加盟している個人信用情報機関に、事故情報が掲載されるためです。金融機関は、審査の際に個人信用情報機関にアクセスして情報を閲覧します。その時、事故情報のマークが付いていると「この人に貸すのはリスクが高い」と警戒されてしまいます。長期滞納、債務整理をした方は、消費者金融の審査に通ることはほとんど不可能でしょう。信用情報機関に加盟していない小規模の消費者金融を探すか、ヤミ金を利用するか、方法は限られてきます。そのような限られた手段の中でも、手っ取り早く現金を手に入れる方法があります。それはクレジットカードのショッピング枠を現金化することです。クレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能がありますが、消費者金融と同じく審査に通らないと付帯できないキャッシング機能に対し、ショッピング機能はどのクレジットカードにも必ず付帯しています。そのショッピング機能を利用して特定の商品を購入し、その商品を現金化業者に転売して現金を手に入れます。転売ではなく、返品や特典という形でキャッシュバックを受ける場合もあります。業者によって方法に違いはありますが、全体的な流れとしては、クレジットカードで業者の指定する商品を購入し、その後消費者の指定する銀行口座に送金してもらうこととなります。商品を転売するタイプの業者であれば、直接店舗に行って取引することも可能です。現金化業者は、都市部の駅前に多く存在するため、興味のある方は探してみてはいかがでしょうか。アルバイトに「クレジットカード現金化はこちら!」という看板を持たせている業者もあります。地方ではあまり現金化業者は存在しないため、インターネット取引が主流となるでしょう。現金化は、クレジットカードで商品を購入すればよいだけなので、ほとんど手間をかけずに取引することができます。初めて業者を利用する時はクレジットカードの不正利用を防止するため本人確認が必要ですが、それ以外に必要な手続きはほとんどありません。消費者金融のように審査も一切ありませんので、事故情報に関わらず取引することが可能です。現金化までのスピードも速く、ほとんどの業者が取引後1時間以内に送金してくれます。注意しなくてはならないのが、銀行の営業時間外に取引しても、翌営業日にならないと振り込まれないということです。15時以降に取引する場合は、ネット銀行やゆうちょ銀行などを利用するとよいでしょう。