現金化の支払いのコツ

当然ですが、クレジットカード現金化はただではありません。現金化を行った後、クレジットカードの支払日までにお金を用意しなくてはなりません。クレジットカードを普段から使用している方にとっては当たり前のことですが、カードショッピングを行うと、約1~2ヶ月後にクレジットカードの引き落とし口座から、決済代金が引き落とされます。たとえば、現金化のために10万円決済したら、1ヶ月後に10万円の支払いが発生するということです。しかし、今10万円足りない人が、1ヵ月後に10万円支払える可能性は低いのではないでしょうか。クレジットカードには、一括払いだけでなく、二回払いや分割払い、リボ払い、ボーナス払いなどの支払い方法がありますが、その支払い方法を決められるのは、カード決済する時です。決済画面で支払い方法を選択できますが、業者によってはボーナス払いなど一部利用できないケースもあるので、一括払い以外の方法を利用したい時は、必ず業者に確認しましょう。また、いつ引き落とされるのか確認しておくことも大切です。クレジットカードによっては、2ヶ月以上支払いが先延ばしになることもありますが、給料日が支払日よりも先に来る場合は、普通は分割しなくてはならない時も一括払いで済むことがあります。一括払いは金利手数料がかからないため、なるべく一括払いで返済することをおすすめします。といっても、無理に一括払いにする必要はありません。二回払いとボーナス払いも、金利手数料がかかりません。ボーナス払いは、決済日とボーナス月の期間がどのくらいあるかによって、返済計画が大きく異なります。短い場合は、ボーナス月まで2ヵ月しかなく、長い場合は半年を超えて8ヵ月後まで延長可能です。3回以上の分割払いを望んでいる方も、もしかしたらボーナス払いを利用してお得に支払いできるかもしれません。ただし、ボーナス払いは支払日までに時間があるため、うっかり忘れてしまう可能性があります。また、時間があることで変な余裕が生まれてしまい、入金するはずのお金を浪費してしまうケースもあります。せっかく現金化に成功したのに、延滞によってクレジットカードを利用停止されたりするのは、勿体ないですよね。支払い分を入手できたら、余計なことに使わずにさっさと入金してしまうこと、余計なショッピングをしないよう、クレジットカードをしっかり管理しておくことが大切です。また、返済の見通しがまったく立たず、当面は少額ずつ返済したいという場合は、リボ払いがおすすめです。