配偶者のカードは使える?

専業主婦あるいは主夫ですと、経済力がないのでクレジットカードの審査に通る可能性が低いです。クレジットカードには家族カードがありますが、登録されている銀行口座は本会員のものですので、家族カードで現金化すると、本会員の口座から勝手にお金が引き落とされてしまいます。普段から同じ口座を利用している場合も、本会員に内緒で現金化を行えばトラブルのもとになりますので、現金化業者では本人名義以外のクレジットカード、家族カードを使用して現金化することは、基本的にありません。家族カードであることを黙って利用しても、初めて申し込む時は本人確認のために運転免許証などが必要ですので、そこに記載されている名前と、送金のための銀行口座情報を確認すれば、名前が一致しないことはすぐに分かります。となると、家族名義のクレジットカードを使用すればいいのか、と考える方もいるかもしれませんが、家族であっても他人のクレジットカードを勝手に使用することは法的に禁止されています。現金化業者を騙して取引しても、あとで家族に発覚してしまえば意味がありませんし、家族が支払いを拒否すれば、クレジットカード会社から本人が訴えられることとなります。そのため、家族のクレジットカードや家族カードを使用しようと思ったら、必ず名義人となっている家族の方に同意を得る必要があります。その場合は、家族の身分証明書類、同意書類が必要です。ただし、業者によっては家族の同意があっても、万が一のトラブルを懸念して利用できない場合もあります。配偶者のクレジットカードを使うと、手続きも面倒ですし、配偶者に対して申し訳ないという気持ちになりますよね。そもそも、同意を得られる方はあまりいないでしょう。一番簡単なのは、自分のクレジットカードを発行して現金化することです。初めから現金化を目的にする必要はなく、キャッシング枠の審査に通れば、そのままキャッシングを使用すればよいのです。といっても、最初に申しましたように、経済力がないとキャッシング枠はおろか、クレジットカード自体発行できない場合もあります。少しでも審査に通りやすくするためには、アルバイト、パートなど、何かしら仕事を見つける方がよいでしょう。そもそも、現金化しても返済できるお金がなければ、いずれ家族に迷惑をかけてしまいます。家計収入が少なくて現金化しなくてはならない場合は、なおさら自分も働く必要がありますし、お金が足りないということを家族に相談して、節約に勤めることが大切です。