現金化予備軍として警戒される人

クレジットカードのショッピング枠を現金化しようとしている方は、大抵の場合キャッシング枠をフルに使用しています。キャッシング枠がいっぱいで新たな借入ができず、仕方なくショッピング枠を現金化する方が多いからです。そのため、キャッシング枠をフル使用している方は、クレジット会社から「現金化予備軍」として警戒されます。実際に現金化するかどうかは、その人を一々見張っているわけではないので分かりません。しかし、現金化予備軍の人が、チケットやIT機器、貴金属など換金しやすい商品ばかり購入していたら、現金化をしている可能性が高いと判断され、クレジットカードを利用停止される可能性があります。現金化への対応はクレジット会社によって差がありますが、JCBやアメックスなど厳しいところでは、電話確認もなくすぐに利用停止されてしまう可能性もあります。現金化と間違われた場合、クレジット会社に問い合わせると利用停止を解いてくれますが、現金化をしていると判断された場合、一方的に解約される場合もあります。現金化のサービス業者では、消費者が現金化していると分からないよう、様々な工夫を施しています。しかし、キャッシング枠がいっぱいですとそれだけ要注意人物と見なされますので、あまり大きな金額を現金化しない方がよいでしょう。現金化業者から分割購入を勧められる場合もあります。ところで、すでにキャッシング枠がいっぱいなのにさらにお金が必要というのはどのような状況でしょうか。借金返済のために借金を繰り返すという多重債務に陥っている場合、現金化よりもすぐに弁護士に相談し、債務整理を行うことをおすすめします。債務整理とは、任意整理・民事再生・自己破産などの種類があり、借金の総額を減らしたり、無理のない返済計画を立て直したり、借金を帳消しにしたりと、消費者の状況に応じて最善の解決方法を検討できます。債務整理をするのが情けなくて、問題を先延ばしするために現金化を利用する方もおりますが、そのような選択は遅かれ早かれ行き詰ります。クレジットカードの現金化は、あくまでも返済できる予定のある方がするものです。ですので、支払能力の低い方は1回払い・2回払いで返済できる10万円以下の小額取引が一般的です。借金返済の一時しのぎに利用する場合も、すぐにまた返済が滞るようでは意味がありません。現金化はいつでも行うことができるので焦る必要はありません。まずは将来的な見通しを立ててから、必要であれば現金化を行うようにしましょう。