消費者金融と現金化

クレジットカード現金化と消費者金融を比較する

クレジットカード現金化はお金に困ったときの現金の調達方法として果たして適しているのか?

これは評価がなかなか難しい面もあり、「消費者金融にお金を借りた方がいいんじゃないか」との意見もあります。

困ったときのお金の調達方法としてどちらが適しているのか、一度冷静になって比較検討してみるのも無駄ではないでしょう。

現金化との違いって何?

消費者金融に比べてクレジットカード現金化が魅力的に思える最大の理由は「安心して利用できる点」でしょう。

消費者金融の場合どうしても「怖い」イメージがありますし、万一返済が滞ってしまった場合には、利息がどんどん加算されて返済額が膨れ上がってしまいます。

それに対してクレジットカード現金化の場合はあらかじめクレジットカードに設定されているショッピング枠の限度内で行われるため、借り過ぎの心配もありませんし、返済はあくまでカード会社に対して行われることになるため、どんどん利息が膨れ上がっていくといった心配を抱えることなく利用できます。

現金化を利用する業者と、返済するカード会社が別というのが最大のポイントでしょう。

一方、注意したいのは利息と換金率の関係です。

消費者金融の場合は借りたお金に利息が加算された形で返済する形になるわけですが、クレジットカード現金化の場合はショッピング枠から業者の利益や手数料を差し引いた形で現金にする形になります。

正反対に見えますが、いずれにしろ業者の利益の分まで本人が支払う形になるのは共通しています。

例えば消費者金融で50万円を10パーセントの利息と、クレジットカード現金化サービスで換金率85パーセントで50万円分のショッピング枠を現金化した場合、後者の方が業者に支払う負担が大きくなってしまう計算になります。

しかもクレジットカード現金化の換金率には通常各種手数料は含まれておらず、これらがさらに差し引かれることで実質の換金率は80パーセントを切ってしまうことがほとんどです。

期間の問題もあります。

消費者金融の場合、数年程度かけて返済していくことができますが、クレジットカード現金化は基本的に一か月、その月の決済の際に現金化したショッピング枠の分をまとめて支払う必要があります。

ですから、近いうちに確実に返済できる収入の手段を確保できていなければ使えない方法でもあるわけです。

このようにクレジットカード現金化と消費者金融との間には、さまざまな違いやそれぞれのメリット・デメリットがあります。

クレジットカード現金化は審査や在籍確認が必要ないなど手軽に利用できる一方で、少々リスクが高い方法ともいえるでしょう。

この点も踏まえたうえで、急な現金の調達が必要になったときにどちらを選んだらよいのか検討するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です